代表者からのご挨拶

 株式会社双新電子は、1981年に福島県双葉町に創業し、以来30年(前身の(有)笹田製作所から44年)、 当地において電子部品・ハーネスの開発、試作、製造を基軸に、日本の電気・電子産業の「縁の下の力持ち」的存在として、 より多くのお客様から支持される企業を目指し、努力を続けています。
 2011年3月11日に発生した東日本大震災は日本国内はもとより、 世界中に大きな衝撃をもたらしました。
 東日本大震災および震災による東京電力福島第一原子力発電所事故の被災者、 被害者の方々には改めて心よりお見舞い申し上げます。 株式会社双新電子においても被災から8か月、関係各位のご協力、ご尽力により、 福島県いわき市へ事業所を移転して事業再開できる運びとなりました。 また、東日本大震災は私たち現代社会と電力・エネルギーとの向き合い方について、 深く考える契機となりあました。
 そして「FUKUSHIMA(福島)」は、世界で最も有名な地の一つとなりました。 私たち「FUKUSHIMA(福島)」の企業はこの窮地から「FUKUSHIMA(福島)」を再生し、 次世代に向けた新しいエネルギー産業の第一線として歩んで行くために、 更なる努力を続けてまいります。
 株式会社双新電子では、長年培った高度な技術水準のパフォーマンスを実現し、 従来の電子部品・ハーネス事業に加え、CCFL・LED等の省エネルギー分野、 リチウムイオン蓄電池や、次世代EVの開発・生産事業、新しいインフラ構築事業等にも参入しています。
 あたらしい未来は「FUKUSHIMA(福島)」から。 「一人でも多くの人に明るい笑顔を、かけがえのない幸せな未来を…」 −Continue− 続けること… それこそが力です。 私たちは立ち止まることなく一層の努力で事業に取り組んでまります。 今後とも皆様の一層のご支援、ご指導をお願い申し上げます。

株式会社双新電子 代表取締役 笹田 淳


NEW 第34回大阪モーターサイクルショーのお知らせ

2018/3/16~3/18までインテックス大阪にて開催される第34回大阪モーターサイクルショーにELMOTO電動バイクを出展します。
環境先進国ドイツから日本初上陸の電動バイク ELMOTO HR-2evoと最新モデルHR-4を展示致します。
展示ブースはA-5です。

 
詳細を見る
 
詳細を見る
 
詳細を見る
 
詳細を見る
 


事業概要

 
ワイヤーハーネス事業
精密電子機器から建機・大型プラントの制御ハーネス等、小ロット品試作品をはじめ、量産品まで。お客様のニーズに高度な技術と品質管理でご対応いたします。
 
省エネルギー機器事業
エネルギーと向き合い、より高効率な端末製品を供給することで社会貢献できるよう、常に最先端の省エネルギー機器のご提案をさせていただいております。
 
EV設計開発事業
機構設計・フレーム設計をはじめ、強度解析やデジタルモデリング・デザインワークなど、各種、プロトタイプのトータルプランニングを行っています。
 


更新情報・お知らせ

2016/07/22
YOGPヒストリックカー&EVレース大会2016のページを開設しました。http://yogp.sosin-densi.com
2013/09/27
株式会社双新電子のホームページを開設しました。今後も弊社サービスをよろしくお願い申し上げます。